おすすめ 本

おすすめの経営の本

 

経営に関連する書籍は既に山のようにあり、
かつまた日々増え続けています。

 

 

その中から自分にとって読みやすい本を
見つけるのは至難の業ですが。

 

 

自分が経営の何を知りたいのか?

 

経営についてどれくらい勉強したいのか?

 

また既に経営者として活動しているのか?

 

いずれ経営者になりたいのか?

 

 

など、あらかじめよく考えてから書棚を見れば、
おのずと求めているものが浮かび上がってくるはずです。

 

 

 

もっとも初心者におすすめの経営の本なら、
『ゼミナール経営学入門』 があげられます。
(伊丹敬之、加護野忠男著、日本経済新聞社)

 

 

経営の入門書として長年読みつがれてきたこの本は、
教養学部のテキストになることも多く、分かりやすい
ないようです。

 

 

 

体系的に経営学全般をカバーしているので、
経営学の全体を知りたい人には特に最適でしょう。

 

 

 

既に経営者として働いている人の示唆となりうるのは、
『「利益」が見えれば会社が見える』
(泉谷裕著、日本経済新聞社)です。

 

 

 

村田製作所の経営ノウハウについて紹介された
この本は、細かな実例と具体的なアドバイスが
たくさんつまっています。

 

 

部門損益・品種別損益の算出方法、
費用配賦の方法、工程別の原価管理なしです。

おすすめの経営の本関連ページ

おすすめの仕事の本
もっと効率よく仕事をこなせないか、満足できる仕事をするにはどうしたら良いかなどなど、仕事に関わる悩みってありますよね?
就活におすすめの本
就活におすすめの本を紹介しています。