おすすめ 本

就活におすすめの本

 

就活におすすめの本を探してみるというと、やはり
就活を支えてくれる求職情報最大手でもあるリクルートの
リクナビスタッフがおすすめする本ではないでしょうか。

 

 

 

喜多川泰さんが書いた
「手紙屋〜僕の就職活動を変えた十通の手紙〜」は、
就職活動に出遅れてしまった大学4年生の「僕」が主人公。

 

 

 

将来を思い悩む彼と共に、働くことの意味を
見つめなおすことが出来る本になっています。

 

 

 

どうして働くのか、考えてみることも必要ですよね。

 

 

 

難しい本は苦手という就活生もいるかもしれませんね。

 

 

そのような方にはまんがで分かりやすく書かれている
福井康夫さん原作、峠タカノリさん作画の
「まんが コンビニスーパーバオザー24時間」という本も
良いと思います。

 

 

 

コンビニチェーンのスーパーバイザーの仕事を
紹介しているまんがですが、客として利用している
コンビニの仕事が分かり、仕事を見る視点を養うことが
出来る本と言われています。

 

 

 

「就職がこわい」という精神科医の香山リカさんが
書いた本は、まさに就活に悩む人に贈るアドバイス満載の
本になっています。

 

 

就活に前向きになれない人には特におすすめです。

就活におすすめの本関連ページ

おすすめの仕事の本
もっと効率よく仕事をこなせないか、満足できる仕事をするにはどうしたら良いかなどなど、仕事に関わる悩みってありますよね?
おすすめの経営の本
経営に関連する書籍は既に山のようにあり、かつまた日々増え続けています。その中から自分にとって読みやすい本を見つけるのは至難の業ですが。