おすすめ 本

おすすめの歴史本

 

歴史を学ぶことは、単純に面白いだけでなく、
これからの自分や日本、そして世界にあり方について
考えさせられる有意義なことです。

 

 

 

学校の勉強で触れられるのは広大な歴史の本の
一部にすぎませんし、学生時代というものは得てして
勉学に興味が向かないものですから、大人になった今こそ、
さまざまな歴史の本を読んでみることをおすすめします

 

 

 

最も体系的に歴史が学べる本は、
NHK高校講座の日本史、世界史、各テキストでしょう。

 

 

 

東京書籍のテキストなど、極々普通の教科書を
使用しているのですが、大人になって改めて読み直してみると、
学校の勉強で使ったときとは違う景色が見えてきて
案外面白いものです。

 

 

 

また、よりドラマチックな歴史に触れたいのであれば、
司馬遼太郎や吉川英治、直木三十五の小説もおすすめです。

 

 

 

 

フィクション化してはありますが、
概ねの歴史(日本史)の流れはつかめるでしょう。

 

 

 

もう少し近代のものなら松本清張などもおすすめです。

 

 

 

世界史なら、ユーラシアの文明誕生から、
紀元後1500年までの四大文明の伸展までをつづった
『世界史』(ウイリアム・マクニール著)がおすすめです。

 

 

図版も多く読みやすく、圧倒的な面白さです。

おすすめの歴史本記事一覧

世界史のおすすめ本

世界史というと得意な人はとことん好きだけど、苦手な人はとことん苦手な分野になると思います。そんな世界史が苦手な人でも楽しみながら世界史を勉強できてしまうようなおすすめの本を紹介してみたいと思います。ウィリアム・H・マクニール著作、増田義郎・佐々木昭夫訳のその名もずばり「世界史」は、人間の歴史の流れ自...

≫続きを読む